ワークセンター藤沢は就労移行支援事業所です。

就労移行支援って何だろう?何ができるの?就労継続支援とは何が違うの?違いを確認しておきましょう。

就労移行支援とは?就労継続支援との違いはどこ?

就労移行支援は2006年に施行された「障害者自立支援法」によりスタートした障がい福祉サービスです。

就労移行支援は『障がい者が一般企業などに就職ができるように支援する』制度です。

仕事をする場所ではなく、一般企業等に向けて就職をするための準備をしていきます。

就職に必要なパソコンなどのスキル、ビジネススキル、生活リズムの整え方などを学び、訓練をするところが就労移行支援事業所です。

就労継続支援との違いは?

就労移行支援と間違えやすい制度に「就労継続支援」という制度があります。

これは「障害者雇用促進法」(1976年)によりできた制度で、障害を持つ方へ働く機会を提供するサービスです。

就労継続支援は【働くための施設】なので賃金が発生します。

就労移行支援を利用するメリットは?

就労移行支援は一般企業等に向けて就職をするための準備をするための制度です。

労働をするわけではないので、賃金は発生しません。

就労移行支援はお金がもらえない。だから就労継続支援?!というのはちょっと待ったです。

就労移行支援や就労継続支援の利用を考えている方は、何らかの障がいなどがあり「働くことが困難」だった方ですよね?

働いてお金がもらえる就労継続支援は魅力的ではありますが、「働くことが困難」だった理由が解決されていないことが多くすぐに同じ原因で辞めてしまう可能性があります。

また、たとえ障がいを持っているといっても長く安定して働くには「一般企業への就職」をしたほうがベスト。

もし、目先の賃金のことで「就労継続支援」を考えているなら、その先にある一般企業への就職を考えて就労移行支援を検討してみましょう。

就労移行支援でできること

就労移行支援は一般企業への就職に向けて準備をするところですが、具体的にどんなことをするのか確認をしておきましょう。

就労移行支援でできること

  • 就職に必要なスキルを身に着ける
  • 生活リズムを整え、自分の障がいとの付き合い方を知る
  • 就職活動

就職に必要なスキルを身に着ける

就労移行支援事業所により、身に着けることができるスキルが異なります。

どんなスキル習得ができるか?も就労移行支援事業所選びのポイントにしてみてもいいですね。

 

ワークセンター藤沢では主にPCのスキルを身に着けることができます。

ビジネスソフトだけでなく、イラスト作成や写真加工等のクリエイティブ系ソフトの習得も可能です。

生活リズムを整え、自分の障がいとの付き合い方を知る

一般企業への就職を目指す場合、毎日継続して勤務することなどが必要になります。

毎日同じ時間に起きて、事業所の利用をすることで生活リズムを整えていきます。

就労支援事業所の利用を通じ、自分の障がいとの付き合い方を知ることで就職後の身体や心のリズムを整えることができるようになります。

就職活動

就労移行支援では就職活動も支援をします。

ハローワークへの同行や合同面接会などへも支援員が同行することができます。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接指導も行います。

一人でおこなう就職活動ではないの心強い!

就職後は就労定着支援サービスを利用することで、最長3年半の支援を受けることもできます。

就職後の悩みも相談に乗ってもらえます。

就労移行支援を利用できる人

  • 原則18歳以上65歳未満の人
  • 障害や難病のある人
  • 一般企業などへの就労を希望し、就労が可能と見込まれる人

就労移行支援は障がい者総合支援法で示されている「障害者」です。

障害者手帳を持った人だけではなく、支援が必要かどうかにより就労移行支援が利用できるかどうかが決まります。

大人になってから発達障害があることを知る方も少なくありません。

働きにくさ・生きにくさを感じている場合には利用できる可能性があります。ワークセンター藤沢へぜひ相談してください。

就労移行支援が利用できる期間

就労移行支援を利用することができる期間は2年間です。

もし利用している就労移行支援事業所が合わない場合などは、事業所を変更することもできます。

その場合は、複数の就労移行支援事業所での利用期間を通して2年間となります。

就労移行支援を利用するための費用

就労移行支援の利用料は前年度の世帯収入に応じて変わってきます。

ただし、世帯収入とは本人と配偶者との合計であり、同居している親の収入は含まれません。

世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯 0円
一般1 市町村民税課税世帯
(所得割16万円未満)
9,300円
入所施設利用者(20歳以上)
グループホーム、ケアホーム利用者を除く
一般2 上記以外 37,200円


就労移行支援を利用するにはどうする?

就労移行支援を利用を利用したい場合の手順を確認しておきます。

  1. 就労移行支援事業所を見つける
  2. 就労移行支援事業所を見学・体験入所をする
  3. 障害福祉サービス受給者証を申請する
  4. 利用契約を結ぶ
  5. 就労移行支援の利用開始

実際の手順の詳細は見学に来ていただいたときや体験入所期間中に詳しく説明し、手続きのサポートもしますのでまず見学・体験入所にいらしてください。

→ ワークセンター藤沢の就労移行支援

 

 

お気軽にご相談ください。

就労移行支援についての疑問、ワークセンター藤沢に関するご質問やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

資料請求や各事業所の施設見学も、こちらからお申し込みできます。