お問い合わせ・見学・体験入所受付中です。まずはお問い合わせください。

コンセンサスゲーム!!雪山編 意見を出し合い脱出方法を考えよう

昨日のワークセンター藤沢の就労移行支援のプログラムは『コンセンサスゲーム』

コンセンサスゲームは何度か実施をしているプログラムの1つで、コミュニケーション力やプレゼン力などを養うのにとても良い経験となるプログラムの1つです。

コンセンサスとは合意という意味です。

今回は雪山に遭難をした時に、どんなアイテムを使い脱出をするのか?ということをグループで意見を出し合い考えてみました。

↓前回は宇宙編

まず、ゲームの説明を聞いた後は、各自自分だったらどうする?ということを考えました。

そのあとにグループに分かれて意見を出し合います。

ワークセンター藤沢ではグループワークのプログラムの恒例として、まず始めはグループ名を決めるところから始まります♪

今回は「チーム雪男」と「ワークセンタースキー隊」(^^)

本日は男性の利用者さんが多く、2つに分かれたチームのうち片方は男性ばかりだったので、チーム雪男になったようです。

チーム名ってなかなか決まらないのでは?と思いますが、思ったより早く決まっているんですよ。

利用者さんの中には、通所が始まりある程度の期間が経っている方と通所が始まったばかりの方、いろんな方がいらっしゃいます。

プログラムの参加に慣れている利用者さんは皆さんリーダーシップを発揮して、話し合いを進めてくれたり、なかなか決まらない意見をまとめてくれたりしてくれるのです。

もちろん、みなさんグループのメンバーの意見をしっかり聞いてくれますので支援員から見るととても心強いです^^。

チーム名が決まったら、それぞれの意見を出し合いグループで話し合いです。

自分では考えもしなかった意見を聞くことが出来たり、自分と同じ意見の人、まったく違い意見の人、いろんな考えを聞ききさらに考えていきました。

人とのコミュニケーションは難しく思うこともあるかもしれませんが、人の意見や考えを直接聞くことが出来るのは自分の考えや視野を広げるきっかけの1つになります。

また、自分の意見を伝えることは自分自身をわかってもらう、理解してもらうためにも大切なことです。

ワークセンター藤沢の就労移行支援のプログラムで、コミュニケーション力をアップを支援させて頂きます!

よかったらシェアしてね!

就労移行支援についての疑問
当事業所に関するご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求や各事業所の施設見学も、こちらからお申し込みできます。

この記事を書いた人

ワークセンター藤沢のマスコットキャラクターBONちゃん。

利用者さんが巣立っていく日に『ボンボヤージュ』と言って送りだすことが生きがいです。

目次
閉じる